女将のゆみこです。

前回は料亭へ行った際、靴の脱ぎ方は入船で!

でしたね。

本来は、入船(靴先が部屋側)で入って、

出船(靴先が玄関側)にそろえるのがマナーですが、

下足番の方がいらっしゃるときは、

入船で入って、あとはお任せすることがマナーでしたね。

 

ここで、入船で入ることが重要ですよ!!

おしりを部屋側に向けて入らないようにしてくださいね。

 

さて今回は、部屋に上がった時の

席次の順番についてお伝えします。

 

まずは、仲居さんに席に案内してもらってから、

席についてくださいね。

 

そして、席次についてですが、

上座下座についてお伝えしておきます。

まず部屋に入り、

入り口から一番遠いお席が上座になります。

そして入り口に一番近い席が下座です。

また、そのお部屋に床の間があれば、

その前が上座になります。

 

席次はとてもややこしくて、

覚えるのが大変とおっしゃる方が、

多いのですが、

その部屋で一番くつろげるところは

どこだろう?

と考えると、おのずと上座は決まってきます。

 

本来なら奥が、上座なのに

桜の咲く季節は、窓から桜が見えるお席を上座にしたり、

夕方など、西日が強く当たり暑くなるので、

入り口側の席を上座にしたり、

お店により

季節や時間帯などにより、

上座・下座を変えています。

 

接待などで、お店を使う場合は

事前にどこが上座でどこが下座なのかを

お聞きしておくと間違いないでしょう。

 

また、お客さまや上司の方は、

上座を勧められたら、

遠慮せずに座ってくださいね。